地球に優しいリフォーム

話題のエコリフォームって何?

CO2排出量削減

ガラスを複層ガラスにする

窓ガラスには、単板ガラスと複層ガラス、そして真空ガラスがあります。

ごく普通の窓は、単板ガラスです。
普通の「窓ガラス」のことを指しています。

複層ガラスというのは、2枚以上のガラスが窓枠のなかにあるものを指します。
一般的には2枚の「ペアガラス」がこれに当たります。
ガラス2枚と空気層で、12ミリ程の厚みになるため、既存の単板ガラスからの交換には向いていません。
断熱効果は、単板ガラスと比較すると、2倍ほどのようです。

真空ガラスというのは、その複層ガラスの間を真空にして、断熱性能を更に上げているものをいいます。
真空層の厚みは、0.2ミリ程なので、既存の単板ガラスからの改修も可能です。
断熱効果は、単板ガラスと比較すると、4倍ほどあるようです。

窓以外には

外気からの影響を最も受けやすいのが、「窓」なので、窓の対策をすることが、最も省エネ対策への近道になりますが、それ以外の方法はどんなものがあるでしょうか。

窓以外の、壁、床、天井を断熱するという方法もあります。
これは、「断熱材」を入れることが一般的です。

余程の古い家でない限り、断熱材は当初から入っているはずですが、隙間があったりすると、そこから外気が入って来るので、この隙間を無くすことがベストですが、見えない部分なので確認が難しい部分でもあります。

夏の暑さ、冬の寒さが厳しい場合には、何かしらの断熱改修をすることが、省エネに繋がりますので、この辺りのリフォームをすることがエコリフォームと呼ばれます。


この記事をシェアする